北海道大学大学院環境科学院 生物圏科学専攻 森林圏環境学コース

Course of Forsest Conservation, Division of Biosphere Science, Graduate School of Environmental Science, Hokkaido University

森林動態分野

生物の環境との付合い方を観る

樹木を中心とした森林生物群集の生物間相互作用や環境変動に対する応答を大規模野外実験や長期モニタリングなどを通して調べ、森林生態系の維持・変動メカニズムの解明を目指しています。
フィールドの研究手法は多岐にわたります。研究林全体を巨大な実験室と考えて、高さ20m成木の枝や地下部を電熱線で暖めたり、また森林内でシカ密度を実験的に操作するなど大規模野外実験を積極的に導入して、生物と環境との相互作用の直接的な解明に努めています。
さらに、樹木が生み出す生態系機能の地理的比較研究や繁殖過程、そして昆虫・菌類の多様性の観察も長期間続けています。研究分野としては群集生態学、植物生態学、菌類学、保全生態学が対応しています。

電熱線を用いたミズナラ成木の温暖化操作実験:高さ20mの成木の枝(左)と、その地中(右)の温度を2007年から継続的に暖め続けています。林内の観察用クレーンを活用して、蛾幼虫による食害や葉の光合成機能などについて直接的な観察と実験を行っています。

電熱線を用いたミズナラ成木の温暖化操作実験:
高さ20mの成木の枝(左)と、その地中(右)の温度を2007年から継続的に暖め続けています。林内の観察用クレーンを活用して、蛾幼虫による食害や葉の光合成機能などについて直接的な観察と実験を行っています。

森林の落葉量を実験的に増やしたり減らしたりすることで土壌無脊椎動物への影響を調べています。

森林の落葉量を実験的に増やしたり減らしたりすることで土壌無脊椎動物への影響を調べています。

落葉広葉樹林(左)や常緑広葉樹林(右)の林冠に自由にアクセスするためのクレーンやジャングルジム25基を使って林冠部の機能や生物多様性を調べています。

落葉広葉樹林(左)や常緑広葉樹林(右)の林冠に自由にアクセスするためのクレーンやジャングルジム25基を使って林冠部の機能や生物多様性を調べています。

スタッフ